プログラミングスキルを生かそう

マーケティングオートメーションのシステムを使用するときにはプログラミングスキルを持っていなくても問題はありません。しかし、プログラミングを経験してきた人は効率的かつ合理的な形でマーケティングオートメーションを運用できます。マーケティングオートメーションでは基本的にプログラミングのif文を用いる条件分岐によって施策を実行するプログラムを作るのと同じシステムが主流です。網羅性を考えてどのような顧客に対しても適切にアプローチできるようにするには、全体像を考えてプログラミングするスキルが役に立ちます。プログラミングの考え方がないと最適化をするのも難しいので、オートメーションを使うマーケターなら学んでおくようにしましょう。

言語習得の必要性はない

プログラミングスキルというと特定のプログラミング言語を使いこなせることをイメージする人もいるでしょう。JavaやPHP、C言語やRubyなどのさまざまなプログラミング言語が知られています。マーケティングオートメーションでもそのうちの一つを身につけなければ使いこなせないと誤解するかもしれません。しかし、マーケティングオートメーションのシステムはユーザーインターフェースが優れているので、プログラミングのコーディングをする必要はありません。特定の言語が使えることが重要なのではなく、プログラミングの考え方で条件設定ができるのが大切です。言語習得に励むのではなく、プログラムの構築の仕方を身につけて生かしていきましょう。