戦略策定のオートメーションは困難

マーケティングオートメーションは戦略策定まで自動化できるのではないかと思っている人もいるかもしれません。将来的には戦略策定のオートメーションもできるようになる可能性はありますが、現状としてはマーケティング戦略の立案まではシステムに任せることは不可能です。マーケティングオートメーションによって得られた情報や、市場調査の結果などに基づいてマーケターが戦略を策定する必要があります。つまり、マーケティングオートメーションを効果的に使用するためには、マーケターの戦略策定がカギを握るのです。どのような形でマーケティングオートメーションの戦略策定をすれば良いかをマーケターが理解できていることが必要になります。

基本的な戦略の立て方

マーケティングオートメーションの戦略策定では自動化のメリットを生かす道筋を立てることが最も重要です。顧客はオートメーションによって送られてきたメールやSMSなどを嫌うこともあります。しかし、クーポンが付いているなど、受信するメリットがある場合には喜んでくれるでしょう。マーケティングオートメーションを進める上ではユーザーにとってのメリットを重視して戦略を立てるのが大切です。むやみやたらに情報を押し付けているのではユーザーが離れていくリスクがあります。いつも有用な情報が手に入るという感覚を持ってもらうには、どうするべきかという視点で戦略を策定しましょう。ユーザー視点を持っていないとマーケティングオートメーションは失敗に終わりやすいので注意が必要です。