効果測定を自動化しよう

マーケティングではPDCAサイクルを回すことがとても重要です。仮説検証をしてだんだんと効果が上がるマーケティング施策にしていくことで、効率的に売り上げを伸ばせるようになります。マーケティングオートメーションでも効果測定をして自動化の内容を再考するのが重要です。マーケティングオートメーションでは個々の施策を全て自動化することができますが、効果測定も自動でおこなえるようにすることが可能です。マーケティングオートメーションの効果を最大化するためにも、効果測定を自動化してスムーズにPDCAサイクルを回せるようにしましょう。自動化のプログラムも簡単に設定できるので、難しいのではないかとためらわずに挑戦するのが大切です。

KPIの選択が肝心になる

マーケティングオートメーションを自動化するためにはKPIの選択が肝心です。自動化のプログラムを作成するにはどのようなパラメーターがいくつを示しているかを集計して表示し、条件を満たしているかどうかを判断することで効果の有無を判定できます。マーケティングのKPIを適切に設定できれば簡単に効果測定をすることが可能です。効果測定の自動化をするときにはKPIの取得をして、グラフによって視覚的に表示するのが適切でしょう。機械的に次の施策を策定できるようにプログラムを組めれば理想的ですが、人による判断も加味するとより良いPDCAサイクルを回せます。KPIの選択はマーケティングをする上で欠かせないことなので、マーケティング施策を始める前に決めておきましょう。